一般社団法人 全国心理業連合会(全心連)

Japanese Organization of Mental Health and Educational Agencies

多くのプロフェッショナル心理カウンセラーが活躍し企業や地域に貢献するために勉強会・セミナーを開催しています

2024年2月16日(金)開催「ウクライナ避難民心のケアシンポジウム2024 ~日本での生活とウェルネスを考える~」


日本で唯一の心理カウンセラーの業界団体である一般社団法人全国心理業連合会(全心連)は、ウクライナへの侵攻2年を迎えるにあたり、2024年2月16日、「ウクライナ避難民心のケアシンポジウム2024」~日本での生活とウェルネスを考える~を開催しますのでお知らせします。

ウクライナへの侵攻からまもなく2年。ウクライナでの戦争は終わりが見えず、ウクライナ避難民の方々の心の痛みも続いています。

2022年5月に全心連ウクライナ心のケア交流センター(通称:渋谷ひまわり)を開設しました。大きな家族のように、ウクライナ避難民の方々の声を聴きながら、その時々に必要なサポートを行うことで、心の居場所となるようにつとめて参りました。設立から1年8ヶ月を経た今、約1,500名のウクライナの方々とつながりを持ち、約120回の心のケアの催しを行い、のべ5,300人の方々が参加されるまでになりました。

日本が共同時彫刻となった2023年、国連で開催された「グローバル難民フォーラム」に向けてPledgeを提出し、12月にスイス・ジュネーブ国連本部での会議に参加しました。その中で、私どもが提供してきたウクライナ避難民への心のケアは、日本独自のものであると感じました。これらの知見を共有することで、多くの方々のお役に立てることと確信しています。

本シンポジウムでは、ウクライナ避難民への心のケアの実例と、日本で成長を遂げたウクライナ避難民の方々とその支援者をご紹介しながら、ウクライナ避難民の方々のウェルネスを考える機会になればと考えております。

ウクライナ避難民の方々が慣れない日本での生活を続けていくためには、多くの日本の方々のご支援、ご協力と、戦争が続く中での心のケアの継続が絶対的に必要です。ぜひ皆様の引き続きのご支援、ご協力のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

「ウクライナ避難民心のケアシンポジウム2024~日本での生活とウェルネスを考える~」実施要綱

◇主催
一般社団法人全国心理業連合会(全心連ウクライナ「心のケア」交流センター)
◇後援
外務省、在日ウクライナ大使館、一般社団法人プロフェッショナル心理カウンセラー協会
◇協力
株式会社アイディアヒューマンサポートサービス
◇日時
2024年2月16日(金)12:30-15:30
◇場所
参議院議員会館 講堂(東京都千代田区永田町2丁目1-1)
◇対象
・ウクライナ避難民の方々、
・ウクライナ支援に携わる方や関心のある方、
・心理カウンセラー等
◇入場料・参加費
無料

 

スケジュール予定(内容等の変更の可能性があります)

  • 12:00 開場
  • 12:30 開会の挨拶、ご来賓挨拶
  • 12:45 渋谷ひまわりこれまでの活動報告
    ・2年間の心のケア活動
    ・ウクライナ本国への支援活動
  • 13:00 ウクライナ避難民心のケア実例
    ・アートセラピーを用いた心のケアと技術習得
    ・AIを用いたSNSカウンセリング対応
    ・メンタルヘルスアンケート結果報告
  • 13:45 日本でのウクライナ避難民の成長と活躍
  • 14:30 パネルディスカッション ~ウクライナ避難民のウェルネスについて~
  • 15:20 まとめと閉会の挨拶
  • 15:30 終了予定

※お席に限りがありますので、参加ご希望の方は下記のフォームからお申し込み下さい。

参加申し込みはこちら

 

▲ページトップへ戻る